So-net無料ブログ作成

We Are The World [CD・本・DVDなど]

最近買った本とかCDといえば、FB友さんから触発されたこれ。小学校高学年からカセット大好き。
中でもTDK派。お金が無かったのは当たり前ですが、最安グレードのDはどうしても駄目で、やはりAD。
これとやはり人気があったmaxcellのUDⅡが表紙(帯か)に載ってるとは作者はよく分かってる!
IMG_1195.jpg




SUGAR BABEのリマスター版や、現代版ジャズ・ロックピアノ・トリオ、fox capture plan。
土岐麻子の新譜、「Bittersweet」。音楽の秋やね。
IMG_3056.jpg





で、アマゾンのおすすめにとある本が。タイトルが妙に気になり購入。一緒に写ってるのは
杉真理のOVERLAP。ジャケットが512BBでたまらん。
IMG_1248.jpg





IMG_1251.jpg





この本には色々面白いことが書いてあった。いわゆるUSA for Africaの裏話なんだけど、
それにいたるまでのアメリカンポップスの歴史がものすごく分かりやすく書かれてる。
で、当然見たくなりますわな、We Are The World。この曲の場合、「聴きたい」ではなく「見たい」。
プロモーションていうか、メイキングビデオが面白いんだよね。当時レンタルビデオ屋で借りて
ダビング(すんません…)して、ブルーレイレコーダに取り込んでました。まあ画質悪いこと…



ハモりが一番素晴らしい(とわたくしが思ってる)、ポール・サイモンとケニー・ロジャース。
m_3.jpg





歌声が一番綺麗なパート(とわたくしが思ってる)、ダイアナ・ロス
m_4-d2b73.jpg






声は大きくないけど渋みがホント素晴らしいウイリー・ネルソン(ディオンヌも素晴らしいが)
※当時、ディオンヌ・ワーウィックはホイットニー・ヒューストンの叔母と紹介されていたが
従姉妹らしい。
5-52866.jpg






ここからの流れがホント好き、ケニー・ロギンス
m_6-15d16.jpg







スティーブ・ペリー
m_7-331d4.jpg






ダリル・ホールできっちりしめる
m_7-1-48fa9.jpg





ダミ声(ホントすんません)が素晴らしい、キム・カーンズ。パート短すぎるやろ、と
思っていたが…。
m_8-e30fa.jpg





さて、このような本を買ったからにはアマゾンのおすすめにWe Are The Worldが出てくるのは必然。
5年くらい前に「30周年記念ステッカー」付きの版が出てるようなので購入。
IMG_1279.jpg





早速見始めます。違和感があるのは翻訳が違うってのが一つ。昔のと並べてみましょう。
昔のはライオネル・リチオの「ヨ」が特徴です(笑)。
m_E383A81.jpg


m_E383A81-1-f5ac6.jpg




m_E383A82-adf11.jpg


m_E383A82-1-f08dd.jpg




m_E383A83-1adbd.jpg


m_E383A83-1-67c92.jpg




m_E383A84-7d881.jpg


m_E383A84-1-71bee.jpg
※イヤリング・ブレスレットジャラジャラのことだと思われるw



これは旧版だと「E!Eだよ!」としか出てないのでなんのこっちゃ分からないんだけど、
(ピアノのコードのことだと思っていた)
新版だとポール・サイモンとケニー・ロジャースのハモりの手伝いをビリー・ジョエルが
やってあげてるんだということがよくわかります。
大体、「E!」じゃなくって「easy!」って言ってるんだからw
m_E383A85-128fd.jpg

m_E383A85-1-533b4.jpg






ライオネル・リッチーとケニー・ロジャースというでかい二人に挟まれた小さなポール・サイモン。
マイクの高さが不満。
m_9-f3ee9.jpg







コーラスが美しい二人はやはり、こんな感じでフュージョンしてた。しかし小さいから陰に隠れて
ポール・サイモンは見えないけど…
m_10-40885.jpg





旧版でも練習シーンではぎこちない感じが見えたアル・ジャロウ。ボーナストラックでの
NGシーン数はハンパじゃない。緊張してたのだろうか。本番はもちろん素晴らしいんだけど。
m_11-e65eb.jpg






キム・カーンズのパートはやはり最初は長かった。ですが途中からヒューイ・ルイスと
シンディ・ローパーと3人でのコーラスになります。最終版ももちろんいいけど、ソロ版も
素晴らしいわ。
m_12.jpg





全体コーラスで、マイケルのアイディア「♪シャーラ、シャーリンゲン」は、スモーキー・ロビンソン
からは「意味が分からん」とバッサリ。ボブ・ゲルドフは「アフリカ人をバカにしてると思われ
かねない」と発言。スティービー・ワンダーがここをスワヒリ語で歌おうとか言い出して現場は混乱。


御大には逆らえんよな…
m_13-fef9b.jpg


ま、本もDVDも結構刺激的で面白かったです。「呪い」ってのは大げさやと思うけどね。
80年代の洋楽ロックで育った我々の世代は、こういう総まとめみたいのがあっていいよなあ。
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 4

お名前(必須)

曲への想いが伝わる?
いいよね[ウィンク]
by お名前(必須) (2015-09-13 22:58) 

uran

いいですな。癖になる。最近はこれが頭から抜けませんわ
by uran (2015-09-15 08:29) 

たじゅめ

さすがの考察(比較検討!?)ですね~!!!

私も先日からずっとこの曲が頭から抜けません(笑)

私的にはディオンヌ・ワーウィックからウイリー・ネルソンが現れるところが一番しびれます♪
あとボブ・ディランの表れ方も♪♪

ま、どこも目が離せないんですけどね(≧▽≦)b
この頃の勘違いも甚だしいマイケルも(笑)

そろそろ私も呪いにかかります!
DVDも観たいです!

by たじゅめ (2015-09-15 12:04) 

uran

たじゅめさん、まだ抜けないヨ(笑)
ディオンヌ・ワーウィックからウイリー・ネルソンもいいですね~。
ウイリー・ネルソンは最初は頼りない声なんだけど、うわーんと盛り上がりますよね。

昔は今みたいにネットもなくってなかなかアーティストの情報もわからなくって、
ウイリー・ネルソンとケニー・ロジャースはどっちがじじいなんだ?とか、
ケニー・ロギンスとケニー・ロジャースはなんで名前が似てるんだ?とか
色々言ってましたw

とあるサイトには、マイケルは当時、lこの曲をライオネルと二人で歌って
その他の豪華アーティストをコーラスのみに使うとかっていうアイディアも出していたらしいですが…(笑)

ボブ・ディランは、スティービーが彼の真似して歌の練習させてるところが大好きです。
by uran (2015-09-15 19:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0