So-net無料ブログ作成

Gめん55 ウルトラ白湯 [ラーメン]

♪ちゃーちゃー、ちゃらららーら、ちゃらっちゃらー(ドコドコドン!)

ハードボイルド Gメン'75 熱い心を強い意志で包んだ人間たち
あの頃は、土曜は半ドンで~日が暮れるまで野球して~風呂入って~
料理天国見て~飯食いながらまんが日本昔ばなし(常田さん…)見て~
クイズダービー見て~、ドリフ見て~、Gメン見て望月源治にビビって~
いい時代だったなあ。

違いました、ラーメン屋のGめん55。10時55分にオープンです!(本当)。
阿波岐原のマック近くにあります。お店の中は真っ白で清潔な感じがよかった。
IMG_9685.jpg




ラーメンは大きく3種類
IMG_9689.jpg




餃子3個を頼んだ。
IMG_9690.jpg




出てきたタレは透明だった。変わってるな。
IMG_9691.jpg



ウルトラ白湯! 具が多い!
IMG_9692.jpg




つくねの存在感すごい
IMG_9693.jpg




麺はモチモチで大変好み
IMG_9694.jpg




スープは飲むと濃厚たっぷりって感じなんですが、ラーメン食べてると個人的には
あっさりと感じてしまう、なんか不思議な。
IMG_9695.jpg




食券です!
IMG_9696.jpg





ウルトラです!
IMG_9697.jpg



普通の家系も清湯も美味しそうですのでまた行きましょう。
しかし暑い。暑いんでラーメンなんかなかなかくえんよね…
コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 8

ボケ豚舎ぁ

土曜日の過ごし方、野球以外同じでした(笑)あ、ドリフじゃなくて、ひょうきん族の日もありましたよ。
日曜日は世界名作劇場?のアニメ観て、クイズダービー、がんばれ日本新記録?素晴らしい世界旅行?名前かなりうろ覚えですが、そんな流れだった気がします…テレビを囲んで家族団欒の時代でしたね。
by ボケ豚舎ぁ (2018-07-22 19:03) 

おもいかね

最近定期的に更新されていたのが間隔が空きだしたのは、
酒解禁が原因ですかね?w
by おもいかね (2018-07-24 12:33) 

友人N

船橋ヘルスセンターにドリフを見に行ったことを思い出します。
東村山音頭、ヒゲダンス、仲本工事のマット上での美技、懐かしいね。
by 友人N (2018-07-24 18:31) 

ジテツー

土曜は半ドン!月曜から土曜まで学校に行くのは当たり前、の時代。
今の若い衆は土日祝日休みが当たり前の中で育っているもんだから、うちみたいな土曜も仕事やってますよーな職場には誰もこない。

土曜日はテレビが楽しかったな~録画機器なんてまったくないから見逃したら終わり。他に楽しみもないからテレビにかじりつていましたけどね。
by ジテツー (2018-07-25 12:40) 

uran

ボケ豚舎ぁさん
日曜の素晴らしい世界旅行は、なんだかオープニングも暗い感じがして
休みの終わりも相まってイヤーな感じが…w 今見ると懐かしさと内容のすばらしさがあるんですが
by uran (2018-07-26 06:50) 

uran

おもいかねさん
!鋭い!w 期間中は朝スッキリ起き出して出社前にスイスイと
書けていたんですけど、飲んだ翌日はだるいですね…。まあ毎日飲まなくはなっているんですけど、毎年夏は更新が滞ります。涼しいリビングから酷暑のPC部屋に行きたくないので…w
by uran (2018-07-26 06:52) 

uran

友人ノブ
前も言ったことあるような気もするが、船橋にはいとこが住んでいたので、うちの家族の関東ってのは船橋だったんだね。なので、ドリフの会場では船橋ヘルスセンターが出ると軽くざわざわw
ららぽーとも気になっていた次第w ヒゲダンスの頃はあまり見ていなかったからそこまで思い入れはないけど、東村山音頭と仲本工事はいいね。あとすぐ泣く役の桜田淳子ねw
by uran (2018-07-26 06:55) 

uran

ジテツーさん

土曜の昼からの無限の時間を想像すると、どう過ごすかでワクワクでしたよね。まずは帰って母ちゃんの焼き飯でも食って外に飛び出す、と。
おっしゃるとおり、これで育ったわたくしも土曜日仕事しろと言われても二の足踏みます。大学も半ドンだったのに。

土曜の夜はまさに目に焼き付けるようにテレビを。Gメンが終わる頃には眠ってることも多かったように思います。料理天国と日本昔話の間は入江徳郎の「ニュースコープ」が唯一の父親の時間で。
by uran (2018-07-26 06:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント